History : 004  爆●マフラー?? 2001年1月


is号には、購入時から社外品の1本出しDTMステンマフラーがついていました。
かなり大きめの音で、若かった(^_^;;僕は気に入ってたのですが、思わぬアクシデントが起こりました。

その日僕は、車で仕事に出かけました。(←乗りたくて仕方なかった)
まだ、ぎこちないながらも快調にドライブして、ステンレス独特の乾いたエクゾーストを聞きながら走っていました。
久しぶりに信号に引っかかり停車。青になり、1速から2速、

『やっぱ、まわすといいねェ〜。たまらんよこの音は!』

などと、駆け抜ける歓びを感じていたまさにその時!

フォ〜ン♪・・・バキョッ!ドビャビャビャビャバ!!』

ただでさえ大きめな音なのに、いきなりこの世の沙汰とは思えない音と振動に見舞われました。
ハザードをたき、路肩にis号を寄せ、車の周りをウロウロ・・・。
もう頭ん中は、真っ白です。
恐る恐るおなかの下を覗いて見ると、予想通りというか、予想外というか、タイコの部分からパックリ!
悲しくも、is号はテールとおなかから排気ガスを出していました。

『とりあえず、仕事に行かなきゃだ!』

気を取り直して、再びGO!

『ドビャビャビャビャバ!!ボリッ!ボリッ!』

とてもじゃないけど、走れたもんじゃないッス(^^;
そうは言っても車を置いて帰るわけにもいきません!

帰り道、千葉から都心を抜けて埼玉へ・・・。
好奇と非難の目にさらされたのは、言うまでもありません。

う〜む・・・サイアクだ(^_^;;

← こちらでブログも更新中♪