History : 005  衝撃のビルシュタイン事件! 2001年 2月


is号の足回りには、ビルシュタインのBTSキットが組んであるとの事。

しかし、ここでチョットしたハプニングが・・・。

History 4のマフラー修理の際に、初めてリフトで持ち上げたis号の下側を見る機会がありました。
なるほど・・・、これがデフかぁ、ここにクロスメンバーをつけるんだな?
などと、お店の人の迷惑もかえりみず、
ウロウロと見学していました。

『あっ、そうそうお客さん、車高は落とさないんですか?ビルシュタインのBTSなんてどうです?』

お店の人にそういわれ、??と思いながらも、 『BTSですよ、この車。』 と無知な僕(^_^;

『・・・?いえ、これノーマルですよ。Mテクのスポーツサス。ほら!』

お店の人は、そう言いながらお立ち台の上のis号のショックを指しました。
そうです。そこにはBMWのマークの入った黒い筒が鎮座しているではないですか!!

僕の中ではビルシュタインといえば黄色いショック・・・
でも、is号についているのは、まぎれもなく
黒い純正ショック・・・
それを見た僕がまたショック・・・ん?
おっと、ダジャレを言っている場合じゃない!!

『え゛ぇ〜!!』

そういえばなんとなく他のBTS装着車に比べて、車高(特にフロント)が高いなぁとか、 以前そんなこと言われたことがあった鴨。。

後日、さっそくBase!のsugiさんに相談!

『マジで!!!ホント、ごめんなさい!!』

なんと!sugiさんも勘違いしてました。
なんでも、前のオーナーさんが、BTS組んであると言っていた事に加え、
はずした状態の純正サス&ショックが、
トランクにいらっしゃったそうなんです。

つまり、このis号には装着していた純正モノと、トランクに載っていた純正モノの 2セットもの純正君があったのです。
純正君外してトランクにのっけとくとは、なんとも紛らわしい・・・(^_^;
違うとわかった結果、BTSに交換してもらえることに。しかも新品!!
勘違いとは言え、sugiさん、ありがと〜(^^)
交換作業はもちろんStudie。
気になっていたフロントのクリアランスもグッと狭まり、ルックスもナイス!
走った感じも吸い付くようなコーナーリングで、ロールも激減!

『やっぱこれだよ、ビルシュタインは!』

って、乗ってて気付けよ!オレッ!!(笑)

← こちらでブログも更新中♪