History : 014  リコール+α 2001年4月


ある日、フロントの灰皿をはずしてストレージトレイなるものを取り付けようと、いつものセントラル所沢に向かいました。

事前にお願いしてあったので、モノを受け取り会計をして軽くお話。

そこでサービスの方から深刻な顔で、おもむろにリコールの発表が近い旨の話を聞きました。

現行はE46と言っても、そこは台数の多いE36、発表後は混雑が目に見えてます。

すぐに入庫日の段取りをしてもらいました。

リコール内容はと言うと、なんでもフューエルホースのクランプ不良による、ガソリン漏れの可能性があるとのこと。

対策品に交換するそうです。

後日、お話どおりリコールの発表があり、前情報にて予約をしていた僕は、さっそくis号を入庫しました。

ショールームにてコーヒーをご馳走になりながら待つことしばし。

苦笑いを浮かべたサービスさんが歩み寄ってきました。

『終わりました?』

『それが…』

ん?様子がおかしいゾ?

リアシートをはずし、問題のリコール箇所には現状特に異常は無く良かったのですが、

リコールとは反対側の箇所からガソリン漏れが見つかったそうです。

一応BMWジャパンに、クレーム対応で直せるか聞いてみてくれるとのことで、その日は急遽代車のローレルに乗って帰りました。

結局、クレーム申請は無情にも却下され、自腹で修理するハメに。

とはいっても、is号を買ったBase!さんの保証期間だったので、そちらでお願いしちゃいました。

やっぱりガソリン漏れって聞けば、穏やかじゃないですから…

← こちらでブログも更新中♪