History : 024  is号 唸る! 2001年9月


以前より気になっていた、エンジンルームからの異音の修理を行いました。

アイドリング状態からアクセルを踏み、負荷がかかると一瞬ディーゼル車のようにゴロゴロと音がしていました。

クラッチをつなぐ時、音と振動が結構気になるようになってきたため、お世話になっているディーラーさんに相談に行きました。

担当アドバイザーのMさんは、異音の原因を特定するために忙しい中、自ら車をリフトに上げ、あれやこれやCHECKしてくれました。

待つことしばし、さすがはMさん!見事異音の出所を発見!ショールームで図解説明してくれました。

どうやら、オルタネータのベルトテンショナー&プーリーがアヤシイらしい・・・。

部品発注のため、作業は後日(9/20)となり、ひとまず退散です。。

さて異音の解決作業時に、更なるトラブル発見!

最近ラジエーターのリザーバタンクのレベルがビミョーに減っていることが多かったのですが、

どうやらウォーターポンプからの水漏れだったようです。

この際だから、一緒にサーモスタットも交換しちゃおうと思ったのですけど、

『まだ大丈夫!』

とのことなんで、今回は見送りました。

治療後はクラッチをつなぐ時のイヤな音も消え、とてもいい音でエンジンが回るようになりました。

ガタつきがないだけで、こんなにスムースに発進できるなんて・・・。

別に僕の運転がヘタクソでブルブルしてたわけじゃなかったのね!  ホッとしました。。

A:エンジン異音

1.オルタネーター ドライブ テンショナー交換

2.ベルトテンショナー

3.アジャスティングプーリー

B:ウォーターポンプ水漏れ

4.ウォーターポンプ脱着または交換

5.ATウォーターポンプ

6.ブリーダースクリュー

7.アンチフリーズ 1.5L

← こちらでブログも更新中♪