History : 030  クラッチストッパー装着 2001年12月


isに限らず、BMWのMT車全般に言える事ですが、クラッチのストロークの遊びがあり過ぎると思いませんか?

切れるところまで踏んでも、踏み切るにはそこからまだカナリ踏み込まなければなりませんよね。

MT車に乗る場合、シートポジションはクラッチを基準に合わせると思うのですが、この奥の深いクラッチに合わせると、

アクセルペダルが窮屈になってしまい、それじゃあとアクセルに合わせると今度はクラッチが踏み切れない・・・。

そこで、以前からクラッチストッパーをつけて、クラッチの遊びの部分を減らすことにより解決できるのでは?と思っていました。

そうすることで更には、シフトワークもよりスムースになるだろうし・・・。

各社からちゃんとしたクラッチストッパーが発売されているんですが、1万円くらいして高い!

それに、なんか自分でも作れちゃいそうだったんで、ここは自作してみることにしました。

ただ完全に自作となるとだいぶ不安なので(笑)、在り物でちょうどいいのはないかなァと、近所のホームセンターへ行ってみました。

まず最初に目に付いたのは、風呂のゴム栓

サイズ的にはなかなか良さげだったのですが、いらん鎖なんぞがついているし、後々高さ調整できないんでパス!

広い店内を歩き回ること1時間、イイのみつけました!!

家具の足に取り付ける、ストッパーみたいなヤツ。

もともとついている薄っぺらい純正ストッパーのネジ穴と同じのを見つけ、即ゲット!

暗くてよくわかんないかな?

これは、ペダルのあたる部分が硬質プラスチックみたいな素材で、何より高さ調整ができるんです!

ネジの長さがチョット長いんで、金ノコでカット!後は純正がついていた穴へボルトオンでOK!

クラッチの切れる位置にあわせストッパーの高さを調整すれば、体感で今までの半分のストロークになりました。

かかった費用、500円弱!!

我ながら完璧な仕事ッス!

かくして、ドライビングポジションも今までみたいに窮屈じゃなくなり、費用対効果抜群ですね!

MT乗りで、格安でクラッチストッパーをお考えの方、ぜひお近くのホームセンターへGO!

お試しください。カナリお勧めッス!

こんな感じッス!


:追記:
現在は取り外しています。。 2003年7月3日

← こちらでブログも更新中♪