History : 066  後期グリルへ変更  2007年 3月


久々のHistory更新っす。(^^;;
例によって、またもや軟弱モディファイ(笑) いつものことですが・・・

59話”なんちゃって後期グリル”に変更した我がis号。
でも交換したはイイものの、結局すぐに元の前期グリルに戻してしまってたんです。
やっぱりなんとなく違和感があると言うか、押し出しが強すぎるというか・・・(笑)

かと言って、今さら部品+塗装でン万円をかけて純正後期グリルに替える気もなく、もし前をぶつけることでもあれば・・などと思ってました。
ま、某クションで出物でもあれば話は別ですが・・(¬_¬)

と言うわけで、その出物を見つけてしまったので(笑)、BMW純正の後期グリルへ変更っす♪


なんちゃって・・・の時にも書きましたが、E36の場合、前期型から後期型へとグリルをコンバートするには、 キドニーグリル単体だけを交換するというような簡単なことではありません。
グリルのついているパネル自体の形状が異なるので、このパネルごと交換する必要があります。


んで見つけた出物がこれ↑。(画像はLB氏のブログから無断拝借(^^;;)

せっかく見つけてゲットしたのはいいんですが、残念ながらシルバー(アークティックかな?)だったんです。。
我がis号は、ご存知のとおり ゴクアク いやコスモスブラック。
当然シルバーのまま取り付けるわけにはいかないので、塗装しなおします。
ネタ的にはシルバーのまま取り付けるのもアリだったかもしれませんが、さすがにそれをやる度胸は・・・(^^;;

鈑金屋さんにてバッチリ再塗装をして、いよいよコンバートです♪


それでは早速交換作業開始です。

まずは前期パネルの取り外し。
以前にLB氏の同様の作業をお手伝いしたことがあるので、基本的な流れは理解しています。
おぼろげな記憶を元に、邪魔になるパーツ群をサクサクとバラします。

参考 : 後期グリル取り付け / リトルバードさん 【 みんカラ 】 整備手帳

これが今までの純正前期グリル

ヘッドライトを外し・・・

バンパーも外します。

んでもって、グリルパネルを外したの図。。

途中、トルクスネジがもの凄く固くて難儀しましたが、エレキの力を借りて、なんとか取り外し成功です。
フロント周り一式をとっぱらうと、 一層ボロく見えます・・・(-_-;)

続いて、いよいよ後期パネルの取り付け。
取り外しと逆の手順で、ビシバシ組み立てていきます。


塗装仕立ての後期パネルをセット

う〜〜ん、、後期!(謎)

続いてバンパーを戻して・・・

キドニーグリルをはめ込んで見ます。

ヘッドライトを取り付けて・・・

じゃーん!出来上がり〜ヽ(^o^)丿

今回は今回もネジがあまることも無く(笑)、後期グリルへのコンバートは無事成功っす♪
やはり一度経験していると違いますね!
あとはヘッドライトを外したので、念のため光軸を調整すれば完了(^^)

最後に一連の流れを、定点観測カメラの連続画像でどーぞ。
GIFアニメーションに変換してあるので、画像が汚いのはご勘弁を!


なかなか面白いでしょ(^^)

以上、なんちゃって後期型顔化完成!・・・あ、また”なんちゃって”だ。。。(爆)


オマケでis号の顔の変遷をおさらいしてみましょう。

その1 : 純正前期グリル+ブラックキドニー

長年付き合ったツラ構え

アップで見るとこんな感じ。。
その2 : なんちゃって後期グリル(ブラック)

社外なんちゃって後期タイプグリル(ブラック)

鼻息の荒い感じが・・・(笑) (某氏談)
その3 : 純正後期グリル

純正後期グリル(所謂97グリル)

そういえばメッキのままのグリルって、久しぶりかも。。

こうして見ると、顔つきが変わると印象がかなり変わるもんですね。
前期グリルに比べ、立体的になって適度なボリュームUP!
”顔だけ後期仕様”になると、やはりチョットだけクルマが新しくなった感じがします。

まあ、元々E36後期型にお乗りの方からすれば、何てことないことだと思いますが、前期型乗りとしては、これがまたなかなか新鮮なものだったりします(^_^;;
前期型乗りだけが味わえる楽しみ・・とでも言っておきましょうか(笑)
案の定、家族は変化に気がつきませんでしたけどね。。。

さて、、、
あとは長年付き合ってきた、ブラックグリル化をするか否か・・・。
モノはすでに手元にあるんですけどね(笑)
これは追々考えるとしましょう。。


関連ブログ:Hitorigoto?: 肉体労働日和♪

← こちらでブログも更新中♪