History : 069  マフラー緊急交換  2007年 8月


ひょんなことから、is号のマフラーをまたまた変更しました。
もう変更するつもりはなかったんですが・・・(^_^;;

is号を走らせていると、2,000回転付近で突如強烈なビビリ音が発生!
窓を開け、耳を澄ますと、明らかに後方のマフラー付近からの音。

プロフェッサーY氏の協力を仰ぎ、Project Zで見事再生を果たしたSUNRISEマフラーが、とうとう力尽きたみたいです。。
ま、もともと中古で手に入れた品だけに仕方がないですね。

最近なんとなく、漠然と抜けの悪さを感じていたこともあり、考えるまでもなくマフラー交換決定。
幸い、前につけていたMAGNEX君を手放さずにストックしていたので、迷うまでもなく交換することにしました。


今回作業をお願いしたのは、森川エンジニアリングさん。
以前何度かお世話になったことがあります。
急なお願いにも拘らず、快く作業を引き受けてくれました(^^)

夕方、予約した時間に早速is号を持ち込みます。
以前に何度かお世話になっているとは言え、実は数年ぶりの訪問。
覚えてないだろうな・・と思って、電話では特にその旨は話さなかったんですが、到着するや否や、

「あれ?やっぱりそうだ!以前うちで・・・?」

と代表。。
ちゃんと覚えていてくれました(^^)
こういうのって、地味に嬉しかったりします(笑)

しばらく昔話に花を咲かせ、いよいよ本題のマフラー交換作業。

代表とメカさんの二人で、サクサク交換していきます。
その間僕は、一言断ってリフトアップされたis号の下回りを見たり、写真を撮ったり。。。


まな板の上のなんとやら(^^;;

再登板のMAGNEX君

普段なかなか見る機会のない下回り。

あまり見たくなかったオイル滲みとか、フレックスジョイントのヒビとかを確認・・・(-_-;)

気になる箇所は、その都度メカさんが説明してくれます。
ジャマしてすいませんです。。
で、作業完了〜♪


懐かしいですね〜

きわどいクリアランス(^_^;;

相変わらずディフューザとのクリアランスはキツキツですが、これは仕方ありません(^_^;;
前回同様、ディフューザを一杯まで右に寄せ&マフラーも目一杯左にマウントして、なんとか干渉は回避しました。


交換後、早速エンジンを始動。
当然ながらビビリ音はしません(^^)
アイドリングも静かになり、とてもGoodです。

帰り道、意識的に回転を上げてみても問題なし!
音量も落ち着き、なにより乗り易くなりました。
軽くなった感じ・・とでも言いましょうか、やっぱりきれいに抜けてなかったんでしょうね。。(^^;;
戻して正解でした♪

さて、取り外したSUNRISE君は・・・
再びプロフェッサーY氏の手に委ねる?(笑)

テールの形状は、サンライズの方が好きなんですけどね。。(笑)


関連ブログ:Hitorigoto?: マフラー変更

← こちらでブログも更新中♪