History : 015  ヘッドライト Assy交換  2002年8月


思い出したついでにもう一つ・・・。

以前、History 7でウチの親父が右フロントをクラッシュさせたとき、実はヘッドライトにもダメージが及んでいました。

ヘッドライトの光軸を調整するステーの部分が折れてしまい、Lowのレンズが固定できずにブラブラの状態

History 9で坂本さんのところで修理をお願いした時に、とりあえす針金で固定してありました。

サンマルのライトってもともとすご〜く暗いうえに、車高を下げてからというもの、手前を照らしてしまいより一層暗い状態です(^^ゞ

ストックにヘッドライトユニットAssyは、すでにキープしてあったので、おもむろに交換することにしました。

さて、まずはもともとついているユニットの取り外しです。

ボンネットを開けキドニーグリルを外して、左右のグリルを外します。

この時点でもはやBMWの面影はなくなってしまいます。(^^ゞ

続いて裏側の配線カプラ-を外して、ユニットを外します。

ここで旧ユニットから、新ユニットへパーツを移植するために、いったん部屋へ。

僕のTR号には、ヘッドライトワイパーがついているため、裏側にあるモーターやらレンズを囲むリングなどを移植しなければなりません。

でもこのワイパーは、途中までしか配線してないんで(笑)、別になくてもいいんですけどね・・。

たいした手間ではないのと、個人的についてるほうがカッコイイと思うので移植しました。

ついでにレンズをバラして、サンマル版ライトメンテも実施!

is号のようにレンズカバーとかはないので、こちらもカンタン♪

レンズを拭き拭き、反射板もふきふきして組みなおします。

さあ、ここで悩みどころです。

先にも書いたように、サンマルのライトは恐ろしく暗いです。街灯のない道や、雨の時などは本当に恐ろしいです。えぇ。

少しでも状態の良いモノを、新旧のユニットから選んで装着します。

組上げが完了したら再びクルマに戻り、外した時とは逆の手順で装着します。

あとは日が暮れるのを待って、光軸調整をして完了です!

やっと適正なところを照らすようになり、ライトメンテで明るさもアップ!!

まだまだ暗いですが、交換前に比べるとカナリ明るくなりました。。めでたしめでたし・・・。

← こちらでブログも更新中♪