History : 017  電動ファン不動  2002年8月


さてと・・

この夏は、サンマル君に首っ丈っスよ(^^ゞ ホントに・・・

History 16でも軽く触れましたが、サンマル君の電動ファンが夏バテ気味です。

実は去年の夏にもLowが回らなくなったんですが、その時はレジスタ(抵抗)のパンクが原因でした。

今年初めくらいから、やっぱりLowが動かないんで、またレジスタかな??と思っていたんですけど、今回は違いました。

まず、本題に入る前に、サンマル君の電動ファンの仕組みをおさらいしましょう!

サンマル君には、冷却用のファンが2つあります。

一つはエンジン本体とラジエータの間にある、俗に言う強制ファンです。これはファンの中央にあるカップリングを介して常時回転しています。

水温が低いうちは、ただ惰性で回っているだけなので、棒などで止めることが出来ます。

水温が上がってくるとカップリングが働き、本気で回りだすので止められないはずです。

もし止まっちゃうようなら、カップリングが死んでいるので、交換が必要です。水温上昇の原因の上位を占めます。

またエンジン停止時に、手で回してみて、なんの抵抗もなくクルクル回ってしまうのもダメです。

もう一つは、今回、問題である電動ファンです。補助ファンともいいますね。

ボンネットを開けて、Egルームの一番前についています。ちょうどキドニーグリルを外すと見えます。

この電動ファンは、通常回っていません。スイッチが入るのは、

@ エアコンのスイッチを入れたとき。
A 水温がある一定以上まで上昇したとき。(ウチのサンマル君は水温91℃/水温計半分強でLowモードがONになるはずです。)

の場合です。


さて、ネットを駆使して情報収集したところで、いよいよ自分でできる範囲でトラブルシュート開始です。

今回の症状としては、@の場合に電動ファンが回らないのですが、この暑さですので、しばらくアイドリングしていると、

Aの状態になりLowで回り始めました。

更にしばらくアイドリングしていると、Hiモード(水温99℃/水温計3/4あたりでON)に切り替わります。

つまり、水温に連動して電動ファン自体はきっちり動くんです。

それなのに@で動かないということは、エアコンスイッチを入れたときに、電動ファンのスイッチが入らないということになります。

どうしてでしょう??

某掲示板でいただいたアドバイスを参考に、原因を探ります。(ありがとうございました!!)

先にも書いたように、電動ファン自体は動作するので、リレーやヒューズは問題なさそうです。

そうなるとエアコンスイッチと電動ファンとの連動がアヤシイ・・・。

さっそくEgルーム内のヒューズボックス裏の配線をCHECKしてみることにしました。


Egルームのヒューズボックス  


僕の指で握っているのがダイオード。

電動ファンのリレースイッチはK1なので、その裏側を見てみると、なにやら小さな物体がついています。

なんぞや?と思い触れてみると、なんと電動ファンのLowが回り始めました!

でも手を離すとまた止まってしまいます。。

なるほど・・・。この物体ダイオードが接触不良を起こしてうまく回らないようです。

たしかにディーラーさんで見てもらったときは動いてました。カンジワルイったらありゃしない!

原因がわかったので、パーツを発注してもう先は見えました(^o^)

交換するまでは、デュアルテンプセンサをHiで直結して、常時高速で電動ファンが回るようにして応急処置。← かなりウルサイ!


コネクタをはずし、リード線で直結。



後日問題のダイオードを交換して、無事エアコンONで電動ファンが回るようになりました!

 

ホントよく見つけたもんだ・・・(苦笑)

← こちらでブログも更新中♪