History : 020  マフラー脱落!  2002年8月


そういえば、この夏マフラー落としました。

もちろん襟に巻くヤツじゃありません(笑)

のっけからベタですいませんm(__)m この夏、サンマル君のリアマフラーが脱落しました。 どういう事かと言いますと・・・



燦々と輝く太陽がまぶしい、まだ残暑厳しい夏の終わり・・・
「BMW E30 325iTouring」の心地よいエクゾーストノートをBGMに、僕はR246を都心方向にドライブしていた。

しばらく続いた片側1車線区間も終わりを迎えた厚木付近、トラフィックは多いものの順調に家路へと愛車を走らせる。
MOMOのステアリング越しにインストルメントパネルを見やり、燃料が残り少ないことを確認。
まわりを取り囲む大型車の群れに辟易していた僕は、E30と、そして僕自身のブレイクタイムを取るべく、 手頃なガススタンドを横目で探していた。

排気ガスのせいだろうか?
少しモヤのかかったような青空の中に見覚えのある貝のマークが見える。そう、Shellだ。
握っていたCAMEL MILDを乱暴にもみ消し、左手でフラッシャーレバーをはじき第一車線へとE30を導く。

「バンッ」

何か音がした。
いや、この表現は正確ではない。
並走するクルマたちの音に紛れ、実際には音がした「気がした」だけなのだ。
そう、その時は・・・。

イヤな予感がした。

そうこうしている内にShellが目前に現れ、再び左フラッシャーを点灯させながら E30をゆっくりとスタンドに滑り込ませた・・・。


え〜、慣れないハードな作風はこの辺が限界ってことで(^^:

ガソリン入れた後、ふとマフラーを見ると何かいつもと感じが違うんですよね。
えらく下にさがってるんですよ、ハイ。。

なんてことナイ、マフラーステーが折れてました。。

止まってるとかろうじて地面には擦らないんですが、振動が加わるとタイコの部分が完全に擦ります。
実は前にも一度、環七でマフラー落っことしたことあったんで、音がした時点でなんとなく察しはついていたんですよねぇ・・・。

このままじゃ家まで走るのは厳しいので、なぜか?積んであった針金を使って、応急処置をして帰りました。
帰宅後、いつものディーラー、MさんにTELし、折れたステーをさっそくオーダー。
後日交換し、完治しました。。

← こちらでブログも更新中♪