History : 020  デフマウント/デフオイル交換  2002年10月


先日、いつものディーラーさんにてTR号の下回りを見てもらったときに発覚したのですが、デフマウントが劣化して切れているとのこと。

一刻を争う状態ではなかったのですが、「切れてる!」と聞いてしまったからには心中穏やかではありません。

この夏にドイツからほかのパーツを個人輸入する際に、ついでにデフマウントもオーダーしておいたんで、交換することにしました。

History 16でクーラーガス補充でお世話になったイーストさんに問い合わせてみたところ、素敵なお値段でやってくださるとのこと。

新工場への移転を待って、作業をお願いしました。。


作業はデフケースのフタを取り外して、マウントの入替をプレスで圧入します。

そのため、一度デフオイルを抜く必要があるので、必然的にデフオイルも交換となります。


デフオイル抜いてます


デフ本体 意外とキレイ??



作業していただいたメカさんによると、思ったよりもデフはキレイだとのこと。。 よかったぁ(^o^ノ

デフマウントも確かに切れてはいるものの、まだいけそうだったみたい。


左:新品 / 右:15万キロ使用後

実はこのところ、リアアクスル周りからの打刻音というか、異音が気になっていたので、ひょっとしたらこれで解消するかな??

などとほのかな期待を寄せていたのですが、どうやらほかに原因があるようです。

でも、すご〜く久しぶりにデフオイルを替えたこともあって、デフからの音は少しばかりマイルドになった気がします(^^;

この気持ち的な部分だけでもメンテした意義があるということで・・・(笑)

← こちらでブログも更新中♪